夢beansスタッフblog

こんな私たちが運営してます

今という時代のアクセサリーを楽しむこと

夢beansスタッフてぃんくる 

 

夢beansのアクセサリー作家です。

研究学園都市であるつくば市在住の専業主婦。

スタッフの中では最小・最高齢で、ただいま高齢の父の介護真っ盛りです。


身長153cm
骨格タイプ:ウェーブ
パーソナルカラー:イエベ・スプリング
パーソナルスタイル:ロマンティック

 

*2021年10月22日以前のスタッフブログはこちら

 

シルバーの色、ゴールドの色

シルバー925とロジウムメッキの色

 

「同じシルバーアクセサリーを買ったのに、なんか色味が違う?」

そんな経験ありませんか?

とくに
シルバー925のアクセサリーを初めて見たときに白いと思われた方も多いんじゃないでしょうか。


ここでちょっとシルバー925の説明をさせてくださいね。
それは、夢beansでもよく使われていますが
「銀の含有率が92.5%で、残り7.5%が他の金属でできた銀合金」のことです。

というのも、純銀は柔らかくて傷つきやすいため、
他の金属を混ぜてアクセサリーの硬さや耐久性を高めたんですね。

また
スターリングシルバー」と言う呼称を聞いた方もいらっしゃるでしょう。

スターリングシルバー」とは
シルバー925の中でも、残り7.5%の金属が銅だけでできたものを指します。
スターリングとは、「価値ある」「本物の」という意味があり
刻印は、シルバー925と同じです。


純銀はもともと銀白色と呼ばれる色味をしていて
「白っぽい」金属です。
その「白く、明るく、柔らかい」輝きがシルバー本来の魅力でもあり、
反射率は、あらゆる金属の中でもダントツに高いんです。



そして
シルバー925なのに白っぽくないものもあります。
なぜかというと、それはロジウムでコーティングしているからなんですね。

つまり、ロジウムメッキのものなんです。

ロジウムという金属はプラチナと属性が近く
メッキはシルバー925の変色を防ぐために使われているんですよ。


色味でいうと
やや黒っぽいというか、グレーっぽい感じですね。
この色味は、ステンレスやサージカルステンレスとも近い色味をしているので
こちらの方が皆さんには馴染み深いかもしれません。

ちなみに、このメッキ処理は、
「ロジウムメッキ」や「プラチナメッキ」「プラチナ仕上げ」
などといろんな言い方をされていますが、
基本的にはすべて同じ金属メッキ加工になります。





色の好みは人それぞれですが、それ以外の違いはというと・・

ズバリ! お手入れですね。


シルバー925は、手入れをしないで放置していると硫化で変色します。
なのでシルバー用の(研磨剤が入っている)クロスで磨くといいんですよ。


ロジウムメッキを施したものは、
酸やアルカリにも強く変色することはまずないんですが
キズを付けたり、長年の使用でメッキが剥がれると地金が出て変色することがあります。
こちらは、通常は研磨剤が入っていない柔らかい布やセーム革で汚れを拭き取り、
変色した時には研磨剤入りのクロスで磨きましょう。

ズボラーさんにオススメなのは、こちらです笑

 

夢beansとロジウムメッキ



シルバーの明るく健康的な輝きは
夢beansで活動するようになって、わたしは大好きになりました。
気付けば、シルバーを身につけています。

夢beans初期の作品では
シルバー925の色味やカレンシルバー*の魅力にハマって、細部のパーツにまで使うというこだわりを持っていました。

でも
変色しにくく強度もあるロジウムメッキの素晴らしさを知ると、作品によって使い分けるように
また、パーツによっては合金のロジウムメッキでさらに強度を求めるように、と徐々に変化してきました。
素晴らしい作品にするために、知識を増やしてますます研鑽を積まなければと思っています。

*  カレンシルバーとは、ミャンマーやタイ北部に住む少数民族によって、手作りで作成されている高純度(約95~99.9%)のシルバーのこと。

 

必要だから作っちゃいました-大粒パールのイヤーカフ-


イヤカフは、シルバー925

必要だから仕入れちゃいました-重ね着けリング【ミラー】-

 

左のリング、シルバー925にロジウムコーティング
右のリング、シルバー925にk18コーティング

 

ゴールドカラーのアクセサリー

 

というように、
今ではシルバー大好きなてぃんくるですが
以前はイエべのためか、わたしはゴールド(18金)を多用していたんですよね。

なので、
シルバー925はもちろんですが、合金にk18コーティングを施したものも愛用しています。
金銀2色使いも楽しいですし😊


その流れで、先日久しぶりに手持ちの18金やプラチナも身に付けてみたんですよ。

ところが・・

なんだか違うんです。

今身にまとってみると
金やプラチナ、ブランドのアクセサリーが似合わなくなってしまっているんです。
鏡を見ると、なんだか浮いてるなと感じるんですよw


なんでだろーって
どうしたらいいんだろーって
考えてしまいました。

年齢を重ねれば本物がより似合うようになっているはずなのに・・

品質が良くて、デザインはシンプルなのに、なんで浮くんだろう?
シンプルなチェーンが流行ってるのに、なんか違う。

「めっちゃ、BABA臭いやんかー」←BABAです😓

って鏡を見て思ってしまいましたよw


かといって、若者がつけているようなものもダメ・・
若者に人気のものをそのまま付けたら、イタイおばさんになってしまう。



じつは、人気のアクセサリーを何点か楽天や人気サイトから取り寄せてみたんです。
どんなもんなんだろうと思って。

すると・・
オーマイガーッ
写真を撮る分には素敵に写ると思います。
でも、それを身に付けて友人とランチは・・できないかな💧

 

いったいどうすればいいの?

 

「歳を重ねたら本物思考」

という価値基準は、もはや過去のものかもしれません。
世の中はどんどん変わっているんです。
この変化に、わたしはちゃんと気付いていて、もうとっくに馴染んでいるとも思っていました。
けれど、もしかしてそれは頭で分かっていただけで、自分の感覚との間にはまだ齟齬があったのかもしれません。


ちょっとはずした、ナチュラルで、こなれた感を求める今のファッションには、きちんとしたアクセサリーを付けることが頑張ってしまっているように見えるのかな。

アシンメトリーなネックレスも人気ですものねー



そういえば
コロナ禍のときに、ずっとピアスを付けないでいたわたしの両耳は穴が塞がってしまいました。
マスクをつけるときにピアスが引っかかってしまい、
もう痛いやら取れちゃうやらでイライラしたものですから。

ピアスの穴の話はとても小さなことですが
コロナはわたしたちにとってもっと大事なこと、
世の中の生活や固定観念、常識、価値観などを大きく変えました。
そして、自分の価値基準を持つことの大切さを教えてくれたんですね。

そんな世の中の変化を感じて
今まで自分が身に付けてきたアクセサリーに違和感を覚えるのは
わたしにとっては自然なことなのかもしれません。

今では、わたしはイヤリング派です。


これからは
手に取ってみてワクワクするのか
身に付けると気分が上がるのか
鏡をみるとスマイルが出るのか

そんなことを考えながら、
「今という時代」のアクセサリーを目一杯楽しみたいなと思っています。

ワクワクするアクセを付けよう


楽しんでアクセサリーを選び身に付けることが、わたしの今の気分です。

それならできるかも!!

なんたって、頼もしい仲間がそばにいますからね♡


夢beansには、ゴールドコーティングしたものも色々あるんですよ!

夢beansで扱っているゴールド物は、
・シルバー925にk18
・真鍮にk22
・合金にk16 
をそれぞれコーティングしています。
ほぼこの3種類です。

このゴールドたちは、浮いて見えず馴染んでくれます。
それはやっぱり地金の色によるんじゃないかなと思うんですよね。
地金の色がいい塩梅に影響して発色されるから
その複雑な色味が、わたしたちの肌にちょうどいい輝きを与えてくれるのかもしれません。


「今という時代を楽しんでワクワクする」
それが、わたしにとって今一番大事なこと。
そして、そこから手持ちのものとの合わせ技を考えましょうか。
だって、もったいないですもん ←やっぱり出た!BABA根性w



下の画像の『ボールチェーンネックレス』

こちらは、シルバー925にロジウムコーティングしたものです。
合わせやすいうえに、一瞬でクールな雰囲気にしてくれるので
今、大のお気に入りです😍


前回は、トルソー着画だったので
今回は生着画(?)でご紹介しますね。

 

ZARAのGジャンと合わせて

必要だから仕入れちゃいました-ボールチェーンネックレス-