夢beansスタッフblog

こんな私たちが運営してます

デニム色のアラベスクが誕生しました

夢beansスタッフてぃんくる 

 

夢beansのアクセサリー作家です。

研究学園都市であるつくば市在住の専業主婦。

スタッフの中では最小・最高齢で、ただいま高齢の父の介護真っ盛りです。


身長153cm
骨格タイプ:ウェーブ
パーソナルカラー:イエベ・スプリング
パーソナルスタイル:ロマンティック

 

*2021年10月22日以前のスタッフブログはこちら

 

三輪と三連、二つのアラベスク

 

デニム色のアラベスク、リリースです

 

もうすぐ梅雨
鬱陶しい季節がやってきますね☔️


そんな暗い気分を吹き飛ばしてくれる
爽やかなアラベスクが、昨日リリースされました!!

アラベスク-デニム色の三輪ネックレス-

 


アラベスク-デニム色の三連ネックレス/イヤアクセサリー-

 

 

誕生までのお話

 

必ずと言ってもいいほど、誰でもクローゼットの中に一枚はあるデニム
カジュアルにはもちろん、キレイめにもコーディネートできて
いろんなシーンで活用されるとっても便利なアイテムですね。

そんなオールシーズン、身近な素材のデニムを
アラベスクで表現したい!とスタッフ間で話題になりました。

「いいねー!」って盛り上がったスタッフみんなが抱くイメージは

・・それぞれ違った😆


誰もが愛するゆえに
誰もがこだわりを持っているデニムの色。


定番色は「ブルー」です。
インディゴブルー」よりも薄めで
ライトブルー」よりも濃いめの色なので、老若男女を問わず人気の色です。
他にもホワイトやグレーなどもありますが、
まー、デニムといえば「ブルー」ですよね。

「インディゴブルー」とは、デニムの色で使われるワードでネイビーのような藍色に近い青色を指しています。
「インディゴ」とは染料のことです。
今は合成の染料を使っているそうですよ。

 



最初は、アラベスクのチェーンで作ってみたんですよ。
↓ 

 

これが、みんなのデニムのイメージがバラバラだと痛感させられた作品です。

「浴衣みたい」・・最初の感想の声。


デニムというと、ジーパンですね。
ジーンズが日本に入ってきたのは、終戦後のこと。
アメ横闇市で、GIが中古のジーンズを横流しして販売していたので「Gパン」と名付けられました。
和製英語なんですねー

人気が出たジーパンは、日本人にはどうにも硬くてはきにくい。
そこで、繊維産業の街である岡山県の児島で研究が始まり、今の「岡山デニム」ができたそうです。
洗いをかけたり、京都の藍染職人を巻き込んで藍の色を出したり・・

そんな歴史あるデニムですから、スタッフそれぞれのイメージが違ったのも頷けます。
でも、解釈は同じ。
浴衣だって藍染ですもの。

源は『ジャパニーズデニム』だったんです。


藍染の色
すくも藍の色、そしてインディゴブルーの色

それぞれの頭の中にあったのは、それぞれのデニムの色・・

それからみんなの知恵を出し合って
『わたしたちの今のデニム色』を求めて話し合いました。
そして、先に三輪を作って、
そこから特徴を抽出してチェーンに落とし込もうという作戦になったんです。


藍は、染めの段階で色が変化していき
薄い水色から濃い紺色になるまで48種もあり、すべてに名前が付いているんですって!

季節の移ろいにあわせて藍の色合いの違いを楽しむ日本人の感性って、
ほんとですね♡



さて
奥深いデニムのイメージの擦り合わせを経て、まずは全体のイメージ作りです。


かっこいい大人のデニムというイメージで作りたいなー
だったらやっぱり、インディゴのような濃い色かな。
それに、リベット(鋲)のガンメタゴール
もう、これは絶対外せない!!



そして次に色。

はっきりしたネイビーや、柔らかな印象のスモーキーなブルーを使おうかな。
糸がマットな質感なので、艶感があるビーズをメインに、ちょっぴりマットなものも混ぜて奥行を出したり。
要所にはブロンズを効かせて。
糸のほつれのような生成りの色(ホワイトベージュ)でアクセントを。

などととんとん拍子で決まりました。



シードビーズ(種のような小さい粒のビーズ)選びは楽しかったんです・・・


でも、4mmのファイヤポリッシュ選びが難航したんですよ💧
ここが一番の効かせどころなのに。

なかなかイメージ通りのものが無くて、
デニムからはちょっと外れるけど、良い色だと思うもので作ってみたんですが・・

でき上がったものは、やっぱり「わたしたちのデニム」の色ではありません。

まー、そうだよなー💦

選んだのは、ちょっぴりグリーンがかった色が混ざった複雑な藍色。
自分の性格が捻くれている(?)からか、わたしは単色より混ざり合って何ともいえない色味を出したものが好きなんですよねw

本来の目的より、自分の好きなものの方にのめり込んでしまうわたしの悪いクセが出てしまいました😭



それにしても、ビーズにはあんなにたくさんの色があるのに
「これ!」というイメージにあったものがなかなか無いんですよね〜
毎回言ってますw

でも、だからこそ
まるでジグソーパズルのように、選んだピースがピッタリはまって
思い描いたような色味に仕上がってくれたときの感動はひとしおなんですよ。
幸せと満足感が肩を組んでやってきます笑



そうこうしている間に季節も動き・・

これからだったら、爽やかで柔らかい雰囲気のものがいいんじゃないかな。
かっこいいデニムから、優しいデニムにシフトしよう!
自分の感覚も季節で変わるものなんですから😅

 

アラベスクの完成です

 

ということで、ようやくできあがったデニムアラベスク❣️


濃さや明るさが程よいブルーのデニムアラベスクです。

「印象が偏りにくく、さまざまなスタイリングに合いやすい
とっても便利なデニムの色」
そんなイメージの色になったんじゃないでしょうか(自画自賛ごめんなさい)。

はっきりした色味のコーデには落ち着きと柔らかさを
地味な色味のコーデにはウキウキ感と明るさをプラスしてくれそうだと思いませんか。


ささ!

ずずっと寄ってご覧になってください。

 

 

 

 

 



もちろん、いつものように付け方もいろいろです♡




そして
新たに仲間入りしたビーズ三連ネックレスとイヤリングも
付け方のバリエーションには負けていませんよ😆


3本それぞれのネックレスには、両端にカニカンをつけているので
繋いだり、巻いたりなどのアレンジを楽しめるようにしました。

3本まとめてつけるときには、
簡単にできるように、ホックにつなげて。
そう、これ、ホックなんですよ笑
スナップボタンのように留め合わせて使用する留め金具なんです。


 

 

 

わたしのお気に入りは
イヤリングのペンダントトップ使いなんです。
ほら、とっても可愛いと思いませんか?
このイヤリング金具、kikiちゃんの作品で見覚えがありますでしょ?
イデアをお借りしましたー😆
kikiちゃん、マックス感謝です♡



三輪と三連のデニム色アラベスクを集めて

 

 

 

 

 

 

三輪と三連
同じシードビーズを使って作りました。
まるで仲の良い姉妹のよう♡


どんなふうに付けましょうか

 

先ほども書いたように、
デニムは基本的にはどんなアイテムとも合う万能カラーです。

少し抜け感を出したいときや、ラフにつけたいときには、
明るめカラーがよく合うと思います。

大人っぽい雰囲気を出したいときには、
黒やカーキ、バーガンディといったシックなカラーを合わせてみるのはいかがでしょうか。


麻のサファリジャケットにあわせて

 



淡い色合いのワンピースで



淡い色合いのワンピースで

全部、ちゃんとイヤリングもつけているんですが
あんまり見えてないという・・w

 

歳を重ねて
体型はもちろん、肌や髪の質感などすべてがデニムのカジュアル感とかみ合わなくなってしまったと感じていましたが
アクセサリーからそんなマイナスのイメージを払拭したいと思います。

大人らしく綺麗めに、そして可愛らしく付けられるよう
ワガママいっぱいに作ってみました♡



さー、次はチェーンを作りましょうか😊